<追記>
棋士の片鱗は既に幼いころからあったと話す藤井聡太四段の隣に住む祖母。

「数字に強く、暗記力に長けていましたね」

「特に鉄道が好きで、駅のダイヤを丸暗記してしまうんです。時刻表を端から端まで覚えていて、どの電車に乗ると目的地にいつ着くのか、すぐ教えてくれました」と。

また、「集中力もすごかった!」

「小学校高学年の時、『読んで面白かった本』に挙げていたのは、百田尚樹さんの『海賊とよばれた男』や、沢木耕太郎さんの『深夜特急』。

『深夜特急』は私が勧めたのですが、聡太は集中力があるので長くても一気に読んでしまうんですよ」と。



スポンサードリンク